矢印代わりのフェイシャルエステ
矢印代わりのフェイシャルエステ
ホーム > > 銀行と消費者金融のキャッシングの違い

銀行と消費者金融のキャッシングの違い

銀行のキャッシングも消費者金融のキャッシングも、基本的には似たようなものです。しかし、細かい部分を見れば微妙に違うところがあるのも事実です。最も異なる部分の一つは、総量規制の対象になるかならないかです。総量規制というのは、年収の三分の一を超える借り入れはできないという決まりのことです。消費者金融は貸金業者なので、そのキャッシングは貸金業法で定められている総量規制の対象になります。しかし銀行は貸金業者ではありませんので、銀行のキャッシングは規制の対象にはなりません。また、銀行の特徴として審査は比較的厳しい傾向がありますし、時間がかかることも多いです。しかしその一方で、金利は比較的低めに設定されています。それに総量規制の適用を受けないせいもあって、利用限度額も比較的高めのところが多いです。消費者金融はその逆であり、金利は比較的高めで限度額は低めです。しかし審査は簡単でスピーディであることが、大きなセールス・ポイントとなっています。それから大手都市銀行にも地方銀行にも、闇金などの悪徳な金融機関は存在しないと考えても差し支えはありません。しかし、大多数の消費者金融は健全で安全ですが、ごく一部には悪徳金融が存在します。特に無名の業者の中には明らかに胡散臭い業者も紛れ込んでいることがありますので、「怪しいな」と感じたら、絶対に利用してはなりません。詳しくは、金融庁や各財務局のホームページなどで調べることも可能です。詳細はこちら(⇒銀行ローン 限度額 )のサイトで知ることができます。